エアコン1台で全館空調

マッハシステム(全館空調)の誕生秘話


産みの親は某メーカーであった。

そもそも高断熱住宅では全館空調が理想的な住環境を提供できる技術として知られており、各住宅設備メーカーはこぞって開発を行いました。

 もちろん某メーカーでは「気調システム」として以前は、全館空調を取り扱っていました。今は熱交換換気システムとして主に換気を担う製品として販売されています。デンソー、日立やアズビル等の製品があり、各プレハブメーカーで利用されております。

 さて、こうした一般的な全館空調システムでは、住宅設備機器として開発されていますので、建物に後付けする技術として設計されています。価格も250万~300万円かかります。

 施工性を優先すると、送風用のダクトの経は細い程、仕事がしやすい為に、直径が5㎝か、8㎝程度が多く用いられています。送風量が限られていることとなり、広い部屋の温度コントロールの為には、温度差の大きな高温・低温の空気を吹き出して、冷暖房することになります。

 夏の冷房病などはこの温度差が大きな為に起きる体のストレスから来るものなのです。


◎「マッハシステムのダクトは直径15㎝もある」

マッハシステムでは、送風ダクトに15㎝(150φ)を利用します。大風量の実現で、小温度差空調を可能とした技術がマッハシステムと申せます。

  例  ◎ 15㎝のダクトの断面積は5㎝の9倍以上となります。

     ◎ 15㎝のダクトの断面積は8㎝の3.5倍以上となります。

◎10年たつと、配管内にカビ

 細い5㎝や8㎝のダクトを用いる従来の設備メーカーの全館空調では、温度差の大きな空調が少ない風量で行われるため、ダクト内に結露やカビが発生しやすく、後日、設備の交換や高額なメンテナンスが必要となってしまいます。

 マッハシステムでは温度差が最大でも3℃、一般的な連続利用では、1℃~2℃程度の温度差の空気がダクトを大風量で通過する為、結露は発生しません。

17年経ったダクトの内部

1999年11月~連続運転中

👇送風ダクト

 送風機吸込口のフィルターにより埃が除去されており、ダクト内部への埃の付着は殆ど認められない。

👇排気ダクト(トイレ排気口)内部には、トイレ内で発生した塵埃(衣類の綿ぼこりやトイレットペーパーのほこり)が若干付着していました。

17年の使用に関わらず埃の付着は少なく、今後も長期間使用できる

そのようなわけで、

 マッハシステムでは、パッケージ型の高額な全館空調システムの欠点を解消する工法として、某メーカー必要とした技術を確立できたことになりました。

 但し、結果としてエアコンは一軒の家で1台か2台しか必要としない現実に某メーカーは売上向上の経営的なメリットがないとの判断になったようです。

 FHアライアンスの廣石会長は当時某メーカーの空調事業部にいた人で、彼こそがマッハシステムの第一号の家を自らの家を建てて実証した人なのであります。由緒正しき出自であるマッハシステムの秘話とは何あろう、天下のA様由来の技術であったということです。

 尚、マッハシステム工法を実現できたもう一つのポイントは、送風用のファンが消費エネルギーの少ない某メーカーのDCファンであることで確立された技術でもあるのですが。

引用:アイホーム様(宮崎県)ブログより

春・梅雨時のマッハシステムの利用法


マッハシステム・廣石会長より

寒さが厳しい冬から心地のよい春がやってきました。外気温も二十度近くまで上がり暖かくなってきました。

こういう時期、マッハシステムを備えた家ではどのように過ごしたら良いのでしょうか。

 

家中の窓を開けて、外の新鮮で気持ち良い風をたっぷりと入れることで、室内は清々しく快適になります。

この時はエアコンのスイッチを切ってください。

ただし、送風ファンと全熱交換器のスイッチは切らないことをおすすめしています。

これは、窓が開いてない部屋の換気を確保する事と窓を閉めた時に換気のスイッチを入れ忘れないようにするためです。

しかし、窓を開けて風を取り入れる事で、外の空気と一緒に花粉が大量に入ってしまいます。花粉以外にも、最近注目されているPM2.5ディーゼルの粉塵・砂埃も大量に入ってきます。窓を開けることで、室内の埃が増えてしまうので、マッハシステムの特徴の一つである「家中の埃が少なくていつも新鮮で綺麗な空気を提供する」という良さが失われます。したがって、マッハシステムの家では、中間期でも窓を開けずに過ごされることをおすすめします。

もちろん窓を開けた方が気持ち良いという方は、少しお掃除の手間が増えてしまいますが、外の気持ち良い風をたくさん取り入れて過ごして下さい。         

春が過ぎるとジメジメとした梅雨の時期がやってきます。そんな時期こそ、マッハシステムの真価が発揮できます。

窓を閉め、エアコンを除湿モードで動かして下さい。家中さらっとした空気で快適に過ごせ、カビもシャットアウトします。家の隅まで爽やかな空気にできるのはマッハシステムの大きな特徴です。

引用:アイホーム様(宮崎県)ブログより引用

花粉症を忘れる家

快適です。

皆さまの中には冷暖房の風が苦手、とおっしゃる方も多いと思います。それもそのはずで、たとえば暖房で室温20度にする時には、吹き出し空気の温度は45〜60度くらいになります。 そんな熱風をまともに受ければ快適でないのは当然のことでしょう。

また、どんなに気密断熱性が高い住宅でも、室内に高温空気を吹き出すため、暖かい空気が天井付近に溜まり、上下温度差ができてしまいます。顔は火照るくらい暑いのに、足元がスースーするという、あれです。

一方、マッハシステムは、エアコンは空調室に備え付けられた1台のみです。各部屋には熱い風や冷たい風を吹き出すエアコンはありません。空調室から送られた室温と1〜3度差程度の空気が、各部屋の給気口から室内に届けられます。これだけ室温と差がないと、人間は気流をあまり感じません。

大量の空気が送り届けられているにもかかわらず、風量をほとんど感じないのです。

さらに多めの吹き出し空気によって部屋の空気がゆっくりと撹拌されるため、床、壁、天井の温度も、ほぼ一定になり、不要な輻射熱もなく、従来の冷暖房では不可能だった今までにない快適空間が実現します。

将来のシステムリニューアルも容易

このシステムではエアコン1台と熱交換ユニット及び小型の換気扇が存在するだけです。

これらは寿命がきて交換する時には容易にローコストで交換できます。しかも、すべて特殊な専用機器ではなく、汎用品として広く販売されている製品です。またダクトなども掃除のしやすさに配慮して選び、施工しています。長寿命住宅にふさわしいシステムだと言えるでしょう。

※メンテナンスは基本的に、ご自分で可能ですが、メンテナンス契約を希望される方は、係りまでお知らせください。

市販のエアコン1台!

各部屋へのエアコン設置は不要。室外機も1台で、外観もスッキリ!